iPhoneXのバッテリーを長持ちさせましょう

iPhoneXは、フィーチャーフォンなどの携帯電話に比べて、ディスプレイが大きい分、消費する電力が多いことが特徴です。


そのため、バッテリーを長持ちさせる工夫を日常的に実践していくことが大切なのです。

ここでは、そのポイントとなる設定の方法をいくつかご紹介します。

まず、最も節電効果が高いとされている方法は、バックライトを暗めに設定することです。室内でiPhoneXを使用する際には、ディスプレイをそれほど明るくする必要はありませんので、「設定」から「明るさ」の画面に進み、過度に明るくならないように調節しましょう。
Wi-FiやBluetoothの機能をOFFにすることも効果があります。
使用する必要がない時は、それぞれ「設定」から「Wi-Fi」、「設定」から「一般」の「Bluetooth」の画面に進み、OFFにしておきましょう。


また、圏外の表示が出ている時は、「設定」の画面に進み、「機内モード」をONに設定することも覚えておくと良いです。



圏外の時には、電波を見つけるために多くの電力を消費してしまうからです。


iPhoneXを使用しない時には、電源を切ることも有効な手段です。

これらのポイントを実践することで、消費電力をかなり抑えることが可能になります。上記のように、使っていない機能、無駄に作動してしまっている機能に気を配り、取捨選択をしていくことがiPhoneXのバッテリーを長持ちさせる第一歩と言えます。

iPhoneXを一日使用し続けるとなると、充電を持たせるのは難しいと思います。
半日ほどしかもたない場合もあるでしょう。

しかし、機内モードやWiFiを上手く利用するだけで、長く充電をもたせることが可能になってきます。



まず、iPhoneXを圏外や電波がほぼなく、ネットに接続できない時は機内モードを選択して電波を遮断しましょう。

そうすることでiPhoneXが電波を探すことをしなくなるので、無駄な消費がなくなります。
電波を探すという行為はとても充電を使ってしまうのです。

しかし、それでも電波が欲しいというのであればこの時、接続できるWiFiを探し繋ぎます。


そうすると機内モードでもネットに繋ぐことができるのです。

最近では公衆の場で利用できるWiFiが多くなったので使いやすくなりましたが、中には怪しいWiFiや危険なWiFiがあるので注意が必要です。

また、さらに充電を長持ちさせたければ、Bluetoothをオフにしバックライトも最小限にします。iPhoneXのホームボタン付近から画面上に向かってなぞると機内モード、Bluetooth、画面の明るさなどそこで設定を変えるものが出てくるので変更ができるようになります。

さらに位置情報サービスも使わないのであれば、オフにするのが望ましいでしょう。



アプリが起動している場合だけでなく、アプリを利用していない時でも使われることがあるので、必要でないのであれば消すべきと思われます。以上の動作で充電の減りが遅くなることを実際に感じられるほどになります。