ありがちなiPhoneXの充電ケーブルのトラブル

iPhoneXは、数あるスマートフォンの中でも、特にユーザ数が多いものとして知られています。
iPhoneXを使用しているユーザーの中には、新しい機種が登場する度に機種変更をしているという人も少なくありませんし、複数のiPhoneXを所有しているという人もいます。



iPhoneXは、新機種が発表される度に、各機能のブラッシュアップが行われたり、デザインの外観や仕様が大きく変わるということがあります。

そうした中でも特に大きな変化となったのが、充電やパソコンとの接続に使用する端子の変更です。



現行機種はLightningケーブルという規格の端子を使用しており、以前のものに比べ、コンパクトで端子の裏表を気にせずに使用できるのが利点です。
しかし、ユーザーの評価として、純正のケーブルが破損しやすいという事が多く挙げられます。



ケーブルの被覆が剥がれてしまったり、内部が断線してしまい、充電や同期ができなくなるということも少なくありません。

破損してしまったケーブルは、新しい物に交換するしかありませんが、純正のケーブルは決して安いものでは無いので、破損を少しでも防ぐために、使い方に工夫をすることが大切です。充電しながら使用していると、どうしてもケーブルに負担がかかりやすいので、使用するときにはケーブルを外すのがおすすめです。


また、ケーブルの端子の根本部分を補強するというのも有効です。最近はサードパーティ製のケーブルも安価で手に入るので、もしもの時のために予備を用意しておくと安心です。
その際、製品によっては接続にエラーが出る場合もあるので、自分の機種やOSのバージョンに対応しているかを確認することも忘れてはいけません。

外出先でiPhoneXのバッテリー残量が少なくなってきてしまったときの対象法は、できるだけデータ通信を行わないようにするのがおすすめです。

スマートフォンのバッテリーを消耗させるのは、ディスプレイのバックライトももちろんありますが、やはりデータ通信による消費が多いのです。iPhoneXを全く操作していないときでも、アプリがバックグラウンドでデータ通信を行うことで残り少ないバッテリーが消費されてしまいますので、データ通信を止めてしまうのが理想です。
一時的にデータ通信を行わないようにするためには、機内モードを使うのがおすすめです。

iPhoneXの画面の一番下から上にスワイプするとメニューが現れますが、そこにある飛行機のマークをタップすると、一時的にデータ通信を行わなくなり、通話の着信も入らなくなりますのでバッテリーの消耗が大幅に減ります。

どうしても通信が必要なときだけ機内モード解除して、終わったら機内モードに戻すということを繰り返せば、帰宅するまでなんとかバッテリーを持たせるということができるでしょう。


もしiPhoneXを購入したときと比べて電池がなくなるのが早いと感じるならば、内蔵バッテリーの容量が低下してきている可能性があります。しばらく買い換える予定が無いならば修理に出すことでバッテリーの交換をすることもできます。
また応急処置としては、モバイルバッテリーと呼ばれるアクセサリーを購入することで外出先でも充電できるようになります。

モバイルバッテリーはスティックタイプなど小型で安い商品がたくさんありますので、いざというときのために持っておくと便利です。