自宅でWifiを利用する場合はルーターを設置する

subpage-img

自宅で無線lanに対応した機器からインターネットを利用する場合は、Wifiに対応したルーターを設置します。

自宅でwifiを検索してみてください。

Wifiは無線lan規格の一種で、認証されたものだけが製品にWifiのロゴを使用でき、通信自体はIEEE802.11規格を利用しています。
ルーターのタイプは、自宅に光回線やケーブルテレビ、ADSL等の専用線を引き込みこれらと接続するタイプと、大手携帯電話会社のキャリア回線に接続するタイプの2種類が存在します。



専用線を引き込むタイプは、回線の利用契約はNTT、インターネットサービスの利用契約はプロバイダと結びますが、光コラボレーションのようにプロバイダのみと契約するタイプもあります。



ルーターも専用線に対応した市販品を購入するか、リースやレンタルを利用して設置します。
回線スピードが高速なほど月々の料金は高くなりますから、極力遅いプランを選択することで費用を抑えることができます。
ルーターも回線スピードに合わせた製品で問題ありませんが、無線LAN接続に対応していることは必須です。

各種設定はパソコンかもしくはタブレットやスマートフォンから行いますが、インターネットへの接続程度であれば、詳細な設定なしに運用することもできます。

大手携帯電話キャリアの回線を利用する場合は、ルーターとインターネットとの接続は基地局との通信によって行われますから、専用線の引き込み工事は必要ありません。

キャリアから無線LANルーターを購入もしくはレンタルし、適切なプランを契約するだけで自宅でWifiを利用できます。

top