iPhoneXの充電について

いろんな事ができるのがiPhoneXの便利さであり魅力でもあるのですが、ふと電池の残量を見たらいつの間にか半分以下になっていたということはよくあります。新しい状態でも同じような事によくなっていますので、なるべくこまめに残量の確認をしておかないと、いつの間にかスリープ画面ではなくて電池がなくて画面が真っ暗だったという事もよくあります。

iphoneX情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

iPhoneXは電池の消費が激しいというのは良く知られていますが、特にアプリをたくさん使う場合には要注意です。

通信を四六時中しているようなものになるとなおさらです。
そのため、こまめに電源を切ったり、WiFiなども切ったりする事でだいぶ電池の消費は軽減されます。

たまには設定を見直して、不要な通信などはしないようにしておくといいでしょう。
ゲームなどを楽しむ人も多いですが、これもiPhoneXの電池を減らす大きな要因です。

コードに繋ぎながら遊んでいる人もいるかもしれませんが、それぐらい消費が激しいと言ってもいいぐらいです。

なるべくゲームの時間を減らすか、または予備のバッテリーなども準備しておくと他の事で使いたくなったときに電池がなかったということは避けられます。


便利なツールとして使うことが多くなったiPhoneXですが、電話やメールだけならまだしも、動画を見たりするなどすればあっという間に充電をしなくてはいけなくなるので、出先は特に使い方には気をつけるようにした方がいいでしょう。
iPhoneXはケーブルを挿せば充電ができる簡単設計ですが、ケーブルが切断していなくてもエラーが起きることがあります。

特にiPhoneX以降のライトニングケーブルで問題が多く発生しています。


ライトニングケーブルでは電気的な信号をやりとりするケーブルですが、以前のケーブルに比べてできることが格段に増えています。
さらに、ライトニングケーブルはアップルの認定を取得することが求められ、iosのバージョンが上がるごとに利用できないサードパーティ製のケーブルが増えています。iPhoneXの充電についてもサードパーティ製でアップルの認定を受けていないケーブルの場合は充電ができない恐れがあります。


また、ケーブルの問題が無い場合でもいくつかチェックしておきたい項目があります。1つ目は電圧や電流についてです。iPhoneXでは100V、0.5A程度あれば充電できるのですが、タコ足配線や海外ではさらに電圧などが下がっていることも多く、充電に必要な電気を用意できずに充電が始まらないことが多いです。



車内で使う場合は特に電圧が不安定になることがありますので注意が必要です。

電気的な性能やケーブルに問題がなくても充電がd系ない場合は端子をチェックすることが必要です。
特にライトニング端子は汚れに弱くなっていますので少しの汚れでも充電に支障がでることがあります。掃除には専用のクリーニングキットがありますが、ない場合には水分を含ませて固めに絞った綿棒や除光液などが使えますiPhoneXのバッテリーは内蔵式であり、取り外し、交換はできません。



工具があれば自分でも外せますが保証が切れます。

iPhoneXは比較的バッテリー寿命が長いスマートフォンと言われていますが、毎日ハードに使えば新品でもバッテリーの消耗が激しいという方も多いようです。
iPhoneXのバッテリーが寿命を迎えてくると利用時間が極端に減ったり、充電ができなくなるなどの症状が出てきます。バッテリーの異常が出た時にあ3つの方法があります。

1つは保証期間内ならAppleケアや通信キャリアの修理サービスを利用していみることです。
バッテリーは対象となっていないこともありますが、購入してから期間が短ければ無償修理になることが多いですし、基板等もチェックしてくれるので安心です。

ただし、バッテリー交換になった場合は1万円程度の費用がかかることが多いです。
2つ目の方法は業者に交換を依頼することです。郵送で送れば交換して戻してくれます。

バッテリーは純正品とほぼ同等品になるので利用にあたっては問題ないことが多いですが、アップルなどが用意している保証は切れてしまいます。

料金は修理よりの6割程度が相場です。3つ目は自身で交換する方法です。バッテリーと交換用の工具がセットで修理費用の半額以下で購入可能です。

作業自体は分かりやすい説明書が同封されていることが多く、迷わずに作業できることが多いですが、失敗しても保証はありません。

スマートフォンの多くがバッテリーが減りやすいという弱点を持っているように、同じことがiPhoneXにも当てはまります。


従来の電話機と違ってバッテリーがなくなってしまうと使い物にならなくなるだけに、上手に使うことで電池の無駄な消費を抑えることが重要になってきます。
iPhoneXのバッテリーを長持ちさせる方法としては、使い終わったアプリは必ず終了させるということがあげられます。

アプリは使い終わったからといってそのままにしておくと、完全には終了せずにバックグラウンドに回るだけという仕様になっています。


そのためバックグラウンドでも通信などの動作を行い、それがバッテリーの減りを早めさせている原因ともなっています。


別のアプリを起動させる前に、必ず前に使っていたアプリを閉じることで、バッテリーの持ちを良くすることができます。

同時にタスクキラーアプリなどの余計な動作を終了させるアプリを使う方法も有効です。大きな画面を持っている点もiPhoneXの特徴ですが、このおかげでバッテリーの減りが早くなってしまうこともあります。


画面を点灯させるにはバックライトと呼ばれるライトを使用しています。

画面が大きいほど十分な光量を確保するためにバッテリーが使われ、減りも早くなってしまいます。
そのため使わない時にはこまめに画面を消灯させ、無駄に電池を消費させないことが大事です。

自分でスイッチを押して消灯する以外にも、設定の項目から消灯時間を設定できるのでそちらも活用してください。